2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
高知マスターズ2012
- 2012/10/25(Thu) -
10月21日開催のレース「2012高知マスターズ」に行ってきました。
10月20日午前7時30分、ショップに7名が集合し、高知に向けて走ります。
途中、タニさんやタチさんの話に盛り上がり時間がたつのが早い。
13時には高知ICをおりました。

会場に入り、軽く試走。
4年前と比べ直角カープのレイアウトが少し異なる。
前回は8周目に千切れたが周回遅れにならずゴールだったが、今回はこのポイントで足が削られると厳しいかも。

桂浜に寄って“龍馬”にもあったぜよ。
夜はお遍路さんが立ち寄るような旅館に泊まり、久しぶりのホーローステンレス一人風呂。
蚊に刺され寝付けなかったが、私のいびきにおざっちたいちょうはもっと眠れなかったらしい。

いよいよ当日。
最初に40歳以上と45歳以上のレースが1分の間隔を空けて号砲とともに皆がペダルをこぎ出した。
100名以上のレーサーが走り出す。
昨年度の鈴鹿以来のレース。クリテリウムとなると2009年7月21日のけいはんな以来。
2010年と2011年のシーズンは仕事多忙のためレースはほとんどエントリーなしだった。
そして、高知マスターズの今回は1周目から集団の後方に位置する。
高ぶる気持ちとうらはらにレースが怖い。
集団が怖い。
思わずブレーキをかける。
力が入りすぎる。
足が削られる。

3周目に千切れた・・・。
やはり直角カーブからの立ち上がりだった。

6周目には40歳以上の先頭集団に-1LAP。
8周目に45歳以上の先頭集団に-1LAP。
13周目に45歳以上の先頭集団に-2LAP。

ちぎれたもの同士、“チームまんま”や“高知CTC”のレーサー等3人とローテーションで回す。

そして、ゴール。

悔しい気持ちよりゴールできたことに安心した。
冷静に分析すると、集団ゴールしたタニさんは毎年計画たててレースに参戦されている。
やはりレース慣れはレースに出場するしかない。
せめて地元開催の2つのクリテには毎年参加し、悔しい気持ちを持てるようにすれば自力はつくぞ。

さて、レース結果はエミコさんが2位。隊長以下メンバーのほとんどが集団ゴールスプリント。
そして、滋賀県は今、60代が熱い。
12年後にあのメンバー等のようにペダルが動かせるように日々精進したいものだ。




スポンサーサイト
この記事のURL | 自転車レース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マスターズDNS
- 2011/09/19(Mon) -
17日の夜に、
「ononoさん、仕事です」と職場関係から電話。
急いで着替え、車で現地に向かう。
その瞬間、私のマスターズは終わった。

17日は24時に帰宅することもできず、25時を回った。
就寝する前に一緒に遠征する隊長はじめ監督、タニさん、TチさんにDNS連絡メール。

18日は朝から会議、そして関係機関に出張、そして会議。
19日は書類作成と連休は仕事中心となった。

来年も現在の部署のままならマスターズ出場は厳しいかも・・・。
「あ~、前日の飲み会に参加したかった~」
あ、違った。
「あ~、当日のレースでもがきたかった~」
この記事のURL | 自転車レース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シマノスズカロード
- 2011/08/28(Sun) -



毎年参加しているシマノスズカロード。
“ドクターストップ”がかかっているにもかかわらずチームメンバーに迷惑をかけながらチームTTに参加。
昨年と比べると走りこなしていないし、体重オーバー。
やはりシケインの登りで遅れる。
テンチョーやHヤシさんに『ちょっと待って~』と恥ずかしげもなく大声をかける。
3周のラストスパートも脚が残っていない。
なんとか25m引き離されないように踏ん張る。

「あ~、終わった」。熱い握手をかわしテントのシャワーへ移動。
熱中症の症状がでたがシャワー30分で解消。
しかし、体調がおもわしくなくいそいそと帰路に着く。

早朝からテント設営していただいた寅田屋メンバーの皆さん、楽しい1日をありがとうございました。


この記事のURL | 自転車レース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第14回 HAPPY NEW YEAR バイシクルフェスティバルIN野洲川
- 2011/01/05(Wed) -
今日も自転車通勤行って来ました。
復路は強風・・・。
負けじとペダルを踏むが風にやられ25km/h。
大腿四頭筋がパンパン。

さて、1月の週末はほとんど仕事でつぶれるが30日だけは時間がつくれた。
速攻でデュアスロンの申し込み。
デュアスロンとはランとバイクの組み合わせ。

今回も栗東市の野洲川河川公園で開催される。マジリングとサイクル8とストラーダの合同開催。
毎年、時間があれば出場している。ライバルはおざっち隊長です。既におざっち隊長は活動されている。
もう背中をみるのは嫌・・・。ランでついていけばなんとかなる!。
ランでついていけば・・・。

競技の説明。
第1ラン 1周1km×2周(合計2km)
バイク  1周2.5km×8周(合計20km)
第2ラン 1周1km×3周(合計3km)

さあ、練習しようっと。
この記事のURL | 自転車レース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
グリムMTB その他
- 2010/09/05(Sun) -
鹿カレー



チアリーダー



レース後のひととき(笑)


この記事のURL | 自転車レース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
グリムMTB
- 2010/09/05(Sun) -
ニョロニョロ



スタート



この記事のURL | 自転車レース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2010スズカ
- 2010/08/28(Sat) -


今年も走って来ました。
初めておざっち隊長と同じチームで走れると思ったら“体調不良”で隊長は不在。
庵Dさん、イバッチさん、O村さんと走りました。
あ~、楽しかった。



帰りに風呂に行って、夕食をあそこで食べる。
B級グルメで皆が絶賛。
ここにツーリングもいいかも。
この記事のURL | 自転車レース | CM(8) | TB(0) | ▲ top
新春デュアスロン大会
- 2010/01/31(Sun) -
1月31日
 新春デュアスロン大会に参加してきました。2年前はつっつんにMTBを借りて出場したが、ダントツのドベでした。さて、今回は?

 7時45分にオザッチ隊長をお迎えにいき、二人でラブラブなドライブで野洲川河川敷へ。ここは1月17日に野洲川シクロが開催された場所。来年はここをシクロレースで走ります。この大会はマジリング・サイクルロード8・ストラーダ共同でもう何十年も開催されており、全国でも共同店舗で開催されるレースは数少ないのでは。滋賀県の自転車業界の絆を感じます。

 8時10分頃に受付をすませ、アップ。8時40分からはふかっち先導のもと、コースを試走。写真をとるならここしかなかった(笑)。雨が予想され、10時スタートが30分繰り上げられ、9時30分スタート。

 最初のラン2km。ここでもう離されます。やはりランは走り慣れていないと先頭集団について行けません。自分のペースでえっちらおっちら。

 さあ、バイクです。Lシクロ号でかっ飛ばします。最初の2周はダッシュコースをアウターで走れましたが、3周目以降はメカトラでインナーオンリー・・・。さて、コース紹介です。最初は運動公園のダッシュコース。ここを加速しないと離されます。テニスコートを右折し、100mほど走ると左折し、泥沼コースへ。5周まではドライでしたが、6周目からは雨でヌタヌタに。テニスコートへの登りをノンストップで走れたのは6回のみ。脚にくると押しの方が速いです。テニスコート前から松林までダッシュコース。ここもタイムを稼げるところ。
松林はクネクネコースでハンドリングが大事です。ここを抜けると河川敷に降りて直ぐに登る。え~、コース考えているわ。陸上競技場沿いに河川敷を走り、でこぼこ道で折り返し。もう一度、松林を抜けて芝生コースを走る。芝生コースにはオノオノ山トレイルでお世話になったクーヤン・テモタカ君・ピカシさんがコースチェックに立っている。パワーをもらって周回が終わる。

6周目の時ですが、なんでもない芝生コースで大転倒し、頭から転げる。手はしびれ、脚にきているところにかっこよくダンシングして加速するのだが、コンクリート出っ張りを見落とし、転げる。過信は慢心につながり怪我に繋がる。

8周20キロのバイクは何と1時間30分。こりゃきついわ。先頭集団に1ラップされています。隊長やLさんにぬかされコソしていないが、後ろにイルのが分かったからそれに近い。2年前はタマコさんに2ラップされていたことが鮮明に蘇る。今回はタマコさんを見ながら走れていたから少しはバイクを乗り慣れたといえよう。

 バイクを終了し、最後はラン3キロ。当然、バイクシューズからランシューズに履き替えるが、このとき、疲労のため、ふくらはぎが攣ります。来年は靴べら持参です(笑)。最後のランは過酷です。表現のしようがないくらい、思い出したくもありません・・・。バイクで1ラップしたからよかったが、トシちゃんの速さは以上です。ランは私の2倍の速度です。これでバイクが速くなれば太刀打ちできません。

 さて、結果です。中の下か、下の上でしょうか。記録が発表されていないので分からないが、2年前よりは楽しめました。9時30分スタートの11時30分ゴールですから約2時間のデュアスロン。来年の苦しみながら楽しむこととしましょう。
この記事のURL | 自転車レース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
虎姫マウンテンバイクレース
- 2009/10/25(Sun) -
20091025165022
20091025165019
今日は赤チャリさんの代わりにマウンテンバイクレースに。

9月のグリムに続けて4時間耐久レース。

昨年度は雨のために1時間短縮されたが今回は晴天。言うこと無し。

いい汗がかけました。

参加された皆さん、お疲れさまでした。
この記事のURL | 自転車レース | CM(16) | TB(0) | ▲ top
鈴鹿ロード チームTT実録編
- 2009/08/31(Mon) -
 29日は鈴鹿ロードに行ってきました。心配した雨も道中だけ。8時に唐橋をスタートして、一路鈴鹿へ。

 近くの駐車場に止めて、鈴鹿サーキットへ。もう周りはレースモードです。

 おざっち隊長・Kなやさんと車で談笑した時間は過ぎて、ストラーダジャージに着替える。ボトルはOK!、受付証はOK!、やる気・負けん気はOK!です。

 いつものシケインにいくと、メンバーは? いっぱい!!!!います!!!。
Hやしさんや監督のレースを応援しながら気持ちを高めていきます。バイクにセンサーをつけて、ジャージにゼッケンをつけます。レースは12時45分スタート。1時間前にLさん・Hやしさんとアップをします。するとその場所になんとピンク色の“ミャンマーさん”登場。今日は負けられません・・・。16年選手さんもアップ。皆が登場するチームTT。

 いよいよレース前。今回はごっちの策略で3人組。普通、4人組やろう・・・。3人では誰も千切れません・・・。一番トップはストラーダダンディズム登場。続いて、30秒前にミャンマーさん。私たちの20秒後には16年選手さん。こりゃ気が抜けません。

 スタート!最初からシケインののぼりがしんどい。そのしんどいところにストラーダテントがあり、元気をもらいます。1周目からハイペースでいきます。下りで60km/h近く引っ張ったら2周目のシケインでちぎれかけました。

「Lさ~ん!待って~、Lさ~ん!」

何回呼んだことでしょう。まだまだ精進が足りません。
ミャンマーさんチームと抜きつ抜かれつの展開。
下りで離して上りで追いつかれます。

そして、3周目のシケインをクリアしたあと、Lさんからの熱い激励が!

「もう坂はありません。皆でつぶれましょう!」

Hやしさんと反応して思いきり踏み倒します。最終カーブでは黒猫ニャンニャンの男前隊長チームを抜きます。

そして、ゴールスプリント。

ラインを割った後はもうヘロヘロです。HRを見ると、AVEHRが171。MAXHRは185です。
こんなレースは初めて。もうおなかいっぱい。でも来年も出場したい。一緒に走ってくれたLさん・Hやしさんありがとうございました。

そして、2時間エンデューロに参加予定だったD輔さんが仕事の関係で私が突如、出場することに。

3周だけでしたが十分堪能させていただきました。


いつものことなんですが、今年も仕事の関係で土曜日の1日だけの参加。テント設営・撤去等チームメンバーにいつも申し訳思います。来年は2日間参加できるよう仕事の段取りを付けて見ます。

やっぱり、鈴鹿はいいですね。これに出ないと夏が終わる感じがしません。


参加された皆さん、お疲れ様でした。




 
この記事のURL | 自転車レース | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。