2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
GKトレイル
- 2012/08/22(Wed) -
今日は年休を利用しておざっち隊長に“GKトレイル”を案内していただいた。
NCM_0158_convert_20120822112726.jpg

先週の雨の影響でガレ場が出来ている。
トレイルを破壊するわけにもいかず、MTBを下車して下る。

Gトレは初心者にも優しいコースで帰宅後、妻に話したら「一緒に歩こう」と言われた。
確かにウォーキングされている方もおられたからあの公園に車をデポして周回すると2時間で帰ってこれるかも。
体によいコースでした。
NCM_0159_convert_20120822113037.jpg

GからKに向かう途中は田んぼのあぜ道を走り、「昔はこんな路ばっかりやったな~」と感慨にふけながら走った。

Kトレイルはダブルトラック中心でタニ沿いに流れる水流に心がイヤされる。
真夏のトレイルは蜘蛛の巣だらけ、草ボウボウと大変な思いもする。
今回、先頭を終始走って頂いたおざっち隊長の顔やバイクは蜘蛛の巣だらけとなった。

新名神をくぐり抜け、Kトレの終点は。
NCM_0160_convert_20120822113106.jpg
「え、ここにでてくるんか!!!」

NCM_0161_convert_20120822113129.jpg
幻想の世界から現実に引き戻された瞬間であった。
スポンサーサイト
この記事のURL | MTB トレイル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
OGトレイル
- 2012/07/31(Tue) -
2012073104

taketonさんのお膝元のOGトレイルにいきました。

2012073105
結構な登りが続き、汗もしたたる。

2012073106
有名な一本サクラ。

2012073107
のどかな風景。


仕事前に“一走り”とはいきませんね(笑)。

この記事のURL | MTB トレイル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Bトレイル 乗車率20%未満
- 2012/06/24(Sun) -
2012062401

一昨日、おざっち隊長にGKトレイルの案内をお願いしたら、
「北山倶楽部のメンバーさんとトレイルに行く」とのこと。
軽い気持ちで参加させてもらうことにしました。

7時に隊長に迎えに来て頂き、合流先までいろいろな話で時間が過ぎる。
8時に○○のお店前で合流すると、北方面に車を5分ほど走らせる。

互いに自己紹介をすませ、今日のコース確認をする。
「今日は登りがほとんど押し・担ぎでG山の頂上に行くとあとは尾根つたいに走れます。帰りは最後が苦しいです。途中、崖になっている箇所があるので注意してください」
「ん? この話なら親方、Uジハラさん、ゴッチがほとんど担ぎ・押しと言っていた箇所に行くのかも」
と不安がよぎる。

デポした箇所からアスファルトの林道に入り、左にシングルトラックに入る。
「ルルル! さあ、これからMTBにのるでぇ!!」
と思った15m先で下車。
「ん?もしかしたら押し???」
ここから押しが始まりました。
押して押して押して心拍数はかなり高い。
早くも休憩。

さらに押して上がって休憩。

次は担いで上がって休憩。

さらに担いで上がって休憩。

押して上がって休憩。

やっと平地に出たと思ったら隊長がサングラスを落として元気印のMさんが親切にも来た道を下って発見してくれました。

さあ、G山に向けて再出発。
押し・・・。
担ぎ・・・。
押し・・・。
担ぎ・・・。
最後の50mは乗車できました(笑)。
そして絶景!。
2012062405

押して担いできたことも忘れました。


G山からH山に向けて出発。
2012062404


2012062402

極上の尾根つたいのトレイルでした。
ここだけは乗車率99.9%


そして、H山の最後の押し・担ぎを終えると
2012062403
琵琶湖を眺めながら昼食。
もうこれはサイコーです。

30分ほど休憩したあと、デポ地に戻ります。
K池経由から下ります。
「ん?山だから下りも厳しいかも???」
北山倶楽部のKさんとMさんはDHのスペシャリストのようで下りは早い。
隊長も無難にコースをクリアされていく。
私は真似をしようにも真似ができない。
しかし真似をする。すると真似をしたつもりが前転宙返り・・・。
また転ける。
押して転ける。
担いで滑る。

しまいには足がつり皆に迷惑をかける。
散々な登りと下りでした。
特に下りはサドルを下げること、ハンドルをあげること、ステムを短くすること等ポジションを指導していただいた。

まず無事に下山出来たことを喜ぼう。
そして、一緒に行ったメンバーに感謝しよう。

お疲れ様でした。




この記事のURL | MTB トレイル | CM(4) | TB(0) | ▲ top
JOYBIKE宇治編
- 2012/05/13(Sun) -
昨日までいろいろありました。そして、これからもいろいろあります。
人間の人生を大きく左右するポイントは様々ですが、自分が遭遇する全ての事柄に運命があるのならそれは偶然でなく必然ということ。それを現認することで道は開ける。


5月13日(日)今日はおざっち隊長とFさんと三人でJOYBIKEに行ってきました。
仕事の関係で遠出は出来ないが近場でも行けるときに行く。
久々にMTBにまたがった。空気圧も1.0BERだったので3.0に補充。

ある場所にデポし、天ヶ瀬ダムにむけて宇治川ラインを走る。
宇治川のあるポイントから三室戸寺へ。
拝観料を払い、寺周辺を散策
2012051301

今はツツジが綺麗に咲いている。何と2000本もあるとか。
2012051302
来月は1000株あるアジサイが綺麗にさくだろう。

三室戸寺から黄檗産万福寺へ走る。
今日は寺社仏閣巡りトレイルです。
そして、宇治周辺が見渡せる展望台へのトレイル開始。
やっぱり、オフロードは楽しい。
2012051303
昼食を済ませたら宇治大橋を渡り、スウィーツを目指します。

中村藤吉本店へ。
ここでは新茶の試飲ができます。
2012051304

10分も待つと店内に案内されました。
2012051305

ごちそうさまでした。

おざっち隊長、ガイド役お疲れ様でした。
あ~楽しかった。

この記事のURL | MTB トレイル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年初のNトレとOトレイル
- 2012/01/09(Mon) -
今年初のトレイルはやはりNから始まる。
Sばたさんやピカシさんの呼びかけでOトレが決定していたが、その前に聖地Nへ参拝。
階段から上り三角点の山頂へ。
moblog_92e40f20.jpg

う~ん、やっぱりNはGOODです。


集合場所へ向かう途中、Uジハラさんと出くわす。たしか昨年もすれ違いました(笑)。
そして二人とも今日はOトレに向かいます。



指定場所に10名のライダーが集まった。
年始の挨拶を済ませ、皆でOの山頂を目指す。九十九折りには何カ所かビューポイントがあり、そこで足を休める。今日は快晴で琵琶湖や比叡山が一望できる。





山頂では滋賀と京都の街が見える。なんか得した気分になる。




景色でまんぷくなのに、Sバタさんやエミコ夫妻の持ち込んだ商品を中心にティータイム開始。
美味しい空気にほっこりする仲間とティータイム。至極な時間でした。




Oトレの魅力の一つにDHがある。
何カ所か担いで降りたが97%は乗車可能。
ここでも「セクションクリアを出来るまでチャレンジしようぜ!大会」を開始して皆が励まし、反復してクリアしていく。このようにしてMTBerが形成されるのであろう。


贅沢な時間を過ごし、湖岸をゆったりと流し帰路につく。
参加されました皆さん、お疲れ様でした。

<コース>
自宅~N~O~自宅 距離40km
<乗車時間>
3時間32分
この記事のURL | MTB トレイル | CM(3) | TB(0) | ▲ top
山の辺の道
- 2012/01/03(Tue) -
1月3日(火)

ほっとひとときの石上神宮



おどけるメンバー



山の辺の道の定番はやはり素麺




今年初の自転車は山の辺の道。
おざっち隊長の呼びかけに5人のメンバーが集合する。
奈良坂を越えて東大寺や古墳等の古代ロマン巡り。
昔ながらの果樹園や石畳。
山の辺から見渡せる古代の都、桜井に近づくと大和三山も見えてきた。
ここはいつ来ても走っていて楽しい。


このルートは今日で4回目だが、まだ覚えきれない。
一人で来ないと覚えないかな。


あ~、楽しかった!
コースリーダーのおざっち隊長はじめ参加された皆さん、お疲れさまでした。

さ、明日から仕事!。
この記事のURL | MTB トレイル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Mトレイル 見参
- 2011/12/12(Mon) -
MTBでチームメンバー9名とMトレイルに行きました。
ショップが移転したことによりNトレイルに朝ライドで行くのが困難になり、Tモタカ氏が周辺のトレイルをさがしてくれました。
Mトレは距離は短いですが、登り下りともに面白いセクションがあります。
特にHATTAクリフは楽しかったですね。
これから、メンバーと行く機会が増えそうです。
問題は民家が近いことかな。
したがって、地名は伏せておきますね(笑)。

2011121101
photo by pikaci
この記事のURL | MTB トレイル | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Nトレイル
- 2011/11/23(Wed) -



シャカシャカシャカシャカと枯れ葉の絨毯の上を走る。
少し遅めの紅葉も色づきMTBの漕ぎも軽くなる。

今日は久しぶりのNトレイル。
雨のために予定していたYMYトレイルを中止し、午前中限定のNトレイルをおざっち隊長が計画してくださった。

小関越えをエッチラと登る。今日は三井寺から小関越え、琵琶湖疎水、丸太町までのハイキングイベントもあり、ハイカーさんを追い抜くがその列が途切れることがないくらい多い。
アスファルトロードからシングルトラックのいつもの押しに入る。この押しが終わると極上のトレイルが・・・。

いつもの三角点、いつものクリフ、いつものハーフトラック、なにもかもが懐かしく、やはりここが私のトレイル原点。何度来ても飽きない。仲間と来ると一層楽しい。
また来るとしよう。

この記事のURL | MTB トレイル | CM(3) | TB(0) | ▲ top
大ちゃんさよならトレイル
- 2010/11/21(Sun) -
DSCF2182.jpg
photo by andy

12月末で寅田屋を退職し、大分でショップを開く大ちゃんと“大ちゃんさよならトレイル”に10名で行って来ました。


5時30分に近江神宮集合。そして、えっちらおっちらとHトレに向かいます。
いつもHトレイルの登りには泣かされます。
6kmの登りにはゴールが見えません。
会談の担ぎもトレーニングです。


そしてこんな綺麗な景色にも遭遇。
H山からみる雲海。
新聞にも掲載されていました。


うーん、携帯では綺麗にうつりません。




映画のワンシーンを狙ってみました(笑)。



Hトレイルの下りはおもろい!ピカシクリフもできたし。下りきると山中越えをエッチラ登る。
次はDトレだ!しかし私はここでリタイヤ・・・。他のメンバーはDトレから疎水そしてNトレへ。
DSCF2187.jpg
photo by andy
大ちゃんよ、本当にありがとう。
そして、メンバーの皆さん、お疲れ様でした。
この記事のURL | MTB トレイル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年最初で最後?のNトレイル朝練
- 2010/09/01(Wed) -

あ~、きつかった…。

『もう二度といかん!』


と、言いながらまた走るんやろなぁ(笑)。
この記事のURL | MTB トレイル | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。