2011 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Nトレイル
- 2011/11/23(Wed) -



シャカシャカシャカシャカと枯れ葉の絨毯の上を走る。
少し遅めの紅葉も色づきMTBの漕ぎも軽くなる。

今日は久しぶりのNトレイル。
雨のために予定していたYMYトレイルを中止し、午前中限定のNトレイルをおざっち隊長が計画してくださった。

小関越えをエッチラと登る。今日は三井寺から小関越え、琵琶湖疎水、丸太町までのハイキングイベントもあり、ハイカーさんを追い抜くがその列が途切れることがないくらい多い。
アスファルトロードからシングルトラックのいつもの押しに入る。この押しが終わると極上のトレイルが・・・。

いつもの三角点、いつものクリフ、いつものハーフトラック、なにもかもが懐かしく、やはりここが私のトレイル原点。何度来ても飽きない。仲間と来ると一層楽しい。
また来るとしよう。

スポンサーサイト
この記事のURL | MTB トレイル | CM(3) | TB(0) | ▲ top
夫婦でサイクリング 紫式部
- 2011/11/13(Sun) -
 今日は夫婦で紫式部文学賞及び紫式部市民文化賞の贈呈式、記念イベントに参加してきた。その目的は書道家の武田双雲さんがされる記念講演を聞きにいくためだ。
「隊長!びっくりさせてごめんなさい」

 最近、妻とMTBでポタリングの機会を多くもてるようになった。今回も車にMTBとシクロクロスを積み込み、会場となる宇治市文化センターへ向かう。暖冬なのか宇治川沿いの紅葉もまだ進まない。
 太陽ヶ丘総合運動公園の横にある会場は小高い丘に存在する。開園まで2時間ある。積み込んだ2台を即座におろし宇治橋まで走る。この橋は、646年(大化2年)に作成さえたという伝承のある橋である。ここまでは下りで快適だが、帰りが思いやられる。




 MTBとシクロクロスで目指した場所はしゅばくという蕎麦屋。11時30分開店なのに30分前にはすでに2組が並んでいた。幸い私達も開店と同時に店に入ることができた。昨日、妻と昼食にいくためにいろいろとネットサーフィンしていて“茶蕎麦”や“イタリアン”、“和食”等をピックアップしていた。妻が「十割蕎麦を食べたことがない」といったので今回はここに決定。


お味の方は


蕎麦には疎いのでコメントなし。印象は細麺だけど麺が途中で切れることはない。
出汁は北海道産の利尻昆布使用で鰹節との相性も抜群。とても美味しかった。
店を出たときには多くの人が並んでいる。とても有名がお店のようだった。
さて、自転車にきたのだから散策。木々のトンネルや宇治川のせせらぎ等時間が過ぎるのが遅く感じる。
まさしくスローライフである。お茶屋でグリーンティーを一服。定番の茶団子も購入し、会場に向かう。
筋を一つ中に入った裏道系を走ると紫式部や宇治茶の観光都市“宇治”を堪能できる。藤原道長・頼通親子等のゆるキャラも近いうちに登場するのではないかな。
自宅からも近いし、また妻と自転車で来ることにしよう。

追伸、冒頭の記念講演もいい話がきけました。文学賞受賞者の多和田葉子さんの受賞コメントもよかったです。



この記事のURL | 家族でサイクリング | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。