2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「実録:自転車交通事故レポート 2日目の行動」
- 2008/10/30(Thu) -
10月30日(木曜日)

 今日は昨日のダメージを確認する。
筋肉痛・・・。
でも、この痛さがウェイトトレーニングなのか事故による後遺症なのかが分からない。
筋肉痛フェチは困ったモンです(笑)。

 さて、今日の行動はまず保険会社に電話。
昨日の交通事故を詳細に説明してその後の行動について担当のMさんに聞くと、

「災難にあいましたなぁ、結論からいきますと今、入っている自転車保険はononoさんが加害者でおこした場合の対物・対人補償です。今回のケースはononoさんに過失が少しでもあった場合に相手方に対し支払うものです。」

「では、相手が何らかの保険に入っていない場合はどうなるんですか。」

「はい、個人交渉をしてもらう必要があります。おっさん(相手方)は既に支払い履行をする際、支払い能力がなく分割支払いを嘆願されており、今回のケースでononoさんが裁判をおこし、損害賠償を勝ち取っても相手の支払い能力がないため裁判が適切な方法とは言えません。」

「ほな、どうしたらいいの。」

「はい、おっさんは支払う意志を表明していますから、正当な請求をすればいいでしょう。正当な請求とは治療費・自転車弁償代等です。そして、その請求を正当化すつために誓約書・示談書を作成し、お互いに一部ずつもつべきです。そして、支払いが分割の場合、何日締めでいくら納めるのか、それを遅滞なく支払わせるために警察の存在をちらつかせる必要があります。」

「誓約書に必要な事項はなんですか。」

「はい、誓約書には相手の名前・住所・電話番号・勤務先・勤務先連絡先・今回支払うべき事件の概要・金額・分割支払い方法等を記載する必要があります。」

「わかりました。あと2点気になることがあります。今回、私の過失は無しで相手に損害賠償を強く要求していますが、これは脅迫・強要にあたらないのですか。」

「はい、当事者の場合はあたりません。これが第3者になるとあたるかも。」

「わかりました。強く要求します。次にもう一回確認ですが私の入っている自転車保険では自分の治療費・自転車パーツ代は対象にならないの。」

「はい、残念ながらなりません。自転車損害保険は対物・対人が中心です。車両保険は自転車。バイクは該当しません。2輪車は事故するとこけてパーツを破損しますから保険商品がないと言っていいでしょう。」

「わかりました、ありがとうございます。また分からないことがあれば連絡します。」


 その後、おっさんの申告した住所があっているかどうか、ゼンリンの地図で確認。
「あった。○○市○○○★町目・・・・・におっさんの実名があった。偽名じゃなかった。ホッ!」

よし、次におっさんに電話じゃ。
「プルルル、プルルル。ガチャ、はい。」

「おっさんか?」

「はい、おっさんです。」

「ononoやけど。」

「あ、どうも昨日はすんませんでした。」

「昨日は大変やったで。病院にいった結果だけ教えるわ。レントゲン撮って異常無し。打撲と打ち身だけやわ。支払いはしてや。あと、自転車はレースでも使うロードレーサーやからママチャリと同じとはいかへんで。高いで。」

「はい、それは承知しています。でも、分割でお願いします。」

「また、その件はあとで話しようかぁ。ところで、おっさんは今回の事故に対し、関連する保険に入ってへんのか。」

「はい、何も入っていません。」

「ほな、車は乗らへんのか。」

「はい、車は乗らない主義なので。」

「ほんで、昨日なんで逆車線を走っていたんや。」

「はい、魔が差したんです、申し訳ございませんでした。」

「ヘルメット割れてん。高校生やったら救急車や。頭蓋骨陥没や。分かっとんのか。」

「はい、魔が差したんです、申し訳ございませんでした。いつもは歩道を通っているのに昨日だけは・・・。」

「ほな、自転車見積もりを済ませておっさんに請求するからな。」

「はい、申し訳ございませんでした。」


今日はここまで。
明日は自分の個人的に入っている交通災害共済の災害見舞金申請のために必要な診断書をもらいにいってきます。これには警察の事故証明書が必要となります。警察には明後日行く事にしよう。

にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ


この記事のURL | 交通事故 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<「実録:自転車事故レポート 3日目の行動 診断書・事故報告書」 | メイン | ご心配かけました。「実録:自転車交通事故レポート」>>
コメント
- 大変でしたね -
まずはお怪我が大したことなくてなによりです。
自転車のダメージは大したことなかったのでしょうか?
本当に事故は嫌なものです。
仕置場の・・・ですかね?

2008/10/30 21:51  | URL | yama #KTg9USTQ[ 編集] |  ▲ top

- 事故 -
ここで笑ったら、バチが当たるけど、今回の事故のononoさんの文章があまりにも面白いので、笑いながら読んでいました。これだけ書くことができたら、頭はまず大丈夫でしょう。次はボクの番にならないよう、気をつけます。
2008/10/30 21:53  | URL | おざっち #Nd3ET8KY[ 編集] |  ▲ top

- 連絡とれてよかったですね。 -
とりあえず連絡取れてよかったですね。

道路交通法を守らない人にはお灸をすえてあげましょう。

しかし、不思議なものでおっさんはノーヘルメットで怪我がないのですね。

ononoさんとぶつかり相撲とっても勝てる気は全くありません。

おっさんも強運の持ち主かもしれませんね。(^_^;)
2008/10/30 22:02  | URL | boss #-[ 編集] |  ▲ top

- yamaさんへ -
>まずはお怪我が大したことなくてなによりです。
自転車のダメージは大したことなかったのでしょうか?
本当に事故は嫌なものです。
仕置場の・・・ですかね?
●ご心配かけました。
やはりそうでしょうか・・・。
妻がデジカメデータを消しました。
コワイ・・・。
2008/10/30 22:27  | URL | onono #-[ 編集] |  ▲ top

- おざっち隊長へ -
>ここで笑ったら、バチが当たるけど、今回の事故のononoさんの文章があまりにも面白いので、笑いながら読んでいました。これだけ書くことができたら、頭はまず大丈夫でしょう。次はボクの番にならないよう、気をつけます。
●はい、頭は大丈夫ですよ。ただ、アゴが・・・。
隊長はすでに王滝で経験ずみですから安心してください。あとは大介テンチョーが・・・。
何もないのが一番です!
2008/10/30 22:30  | URL | onono #-[ 編集] |  ▲ top

- bossさんへ -
>とりあえず連絡取れてよかったですね。
道路交通法を守らない人にはお灸をすえてあげましょう。 しかし、不思議なものでおっさんはノーヘルメットで怪我がないのですね。ononoさんとぶつかり相撲とっても勝てる気は全くありません。おっさんも強運の持ち主かもしれませんね。(^_^;)
●そうかぁ、おっさんは強運の持ち主なんだね。
おっさんは自分のこと何も言わないから全然分かりません。自転車もそのまま勤務先に走って行きましたから。相手は無傷、こちらは最悪。こんなことあるんですね。。。
お互い往復42~56キロの通勤ライドですから気を付けて行きましょう。
2008/10/30 22:35  | URL | onono #-[ 編集] |  ▲ top

- 続きますね~。 -
僕自身の事も含めて、レース中の落車、練習中の落車、通勤中の落車。周りで落車が続いていますね。
とりあえず身体が無事、命が無事。それが一番ですが、やはり精神的なダメージは大きいですよね。
レースのコース上でも、一般道路でも、人との関わり交わりは難しいですね。そんなときに思うのが、「声」の大切さです。見知らぬ人に声をかけるのは勇気がいりますが、お互いの「安全」のためなら接近することが予測できるのであれば、声をかけるのも「有り」やと思います。車のクラクションと違い、ソフトに注意を喚起できますからね。
2008/10/31 06:18  | URL | ヤク。 #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

- ヤクさんへ -
●なるほど!
「声」なんですね。声かけを忘れずに行動したいものです。自分の命を守るのは自分ですから、危険を回避できる手段も自分でもたないと・・・。
もうぶつかりたくない。
2008/10/31 06:27  | URL | onono #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ono333.blog40.fc2.com/tb.php/400-a5650ed8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。