2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
丹後半島1周 レポート
- 2009/06/14(Sun) -
6月13日は丹後半島1周に行ってきました。詳細を書こうとしたら隊長のおざっちの漕ぎコギ日記2に早くもアップされており、隊長の許可をもらってその文章に脚色をすることに。なお、写真提供も隊長のデジカメより数点アップした。ありがとうございました。

 では、隊長のブログ文章に脚色編の私が感じた丹後半島です。

>来週のJOY BIKE「丹後半島一周チャレンジツアー」に先立ち、本日下見に行ってきた。ひとりでは寂しいので、呼びかけたところ、朝練のメンバーである、ononoさんとYクチさんが参加となり、おじさん3人は仲良く丹後半島をグルリと回ってきた。
●その通り!ただ、私とYグチさんにしたら、来週のJOY BIKE下見ではなく、本日はおざっち隊長のJOY BIKEだったように思える。隊長の私たち二人を思うオプションがいっぱいついていました。
普通のコースなら100kmくらいだけど、オプションを入れると143km。このオプションにはアップダウンがたくさん入れ込んであり、とても充実したツーリングとなる。物知り・走り慣れた隊長ならではのオプション。よくカニを食べに通っていた夕日が浦や琴引の浜沿いをまさか自転車で通過するとは夢にも思わなかった。


>車を「道の駅しるくのまちかや」に停め、出発。まずは半島の付け根を網野町まで横断することに。
●この車の中の会話が楽しい。私がウェイトをしているようにおざっち隊長やYグチさんも自転車以外にシーカヤックやパラグライダーの趣味を持つ。いろいろな話題を皆が持ち、そして、自転車仲間になっている事を実感。


>網野町に入る手前で少し遠回りすることにして、切畑峠を越えて久美浜の方に出た。何度もここを走っているくせに、道に迷ってしまい、看板などを見ながらなんとか元の道に復帰。「七竜峠」をクリアして網野町に入る。
●途中、だらだらと長い坂を登る途中で恵みの水。隊長はここで頭を冷やす。
20090613225908.jpg
この切畑峠で大きな後悔が・・・。
09061301
いつもツーリングイベントは決戦用ロードで出陣しているのに、今日は「下見」だし、ゆっくりペースだろうし、たまには・・・と思って重装モードの通勤用ロードで参加。坂がかなりのトレーニングになりました。
09061302


>「マ・メゾン」でスパゲッティでカーボンを補給。ようやく半島の周回コースに入った。
●そうなんです。10時スタートして昼食を食べたのが13時10分くらい。このとき、まだ丹後半島に入っていません(笑)。この時点で隊長のオプション:峠2つでもう脚はお腹いっぱいに(爆)。が、景色がとても良かったので◎です。いい景色が続きます。
あ、昼食を写真に納めること忘れていました。テーブルに並ぶとすぐにぱくついた私・・・。


>今日の京都府北部は午後から天気が崩れる、との予報だったが、またもや予報ははずれ、半袖半ショーツで丁度良い、快適サイクリングが続いた。
●まあ、雨が少々降っても今日のツーリングは決行でしたから降らなくて良かったです。今日の景色で絶景だったのに、コレが快晴ならどんな絶景が目の前に飛び出していたのか想像がつかない。

>しかし、コースはアップダウンの連続で、来週、初心者にこのコースを走らせるのにちょっと不安を覚えた。丹後松島のあたりは景色が良く、経ヶ岬のあたりも棚田の向こうが日本海で、絶景。ロードバイクの楽しさを味わいながら3人で走る。小さなトンネルをくぐると、その向こうは海が広がり、本当に素晴らしい景色が続く。
09061303
●車で通ったことが1回あるだけで、しかも冬の12月。気圧配置が全く逆のこの季節に自転車で通るとその絶景に見とれてしまう。崖を切り崩した道路は怖いが別世界にいる感覚を醸し出す。
きて良かった。
登って良かった。
坂を登る苦しみが快感に変わった瞬間である。
20090613225917.jpg


>やがて内陸部に入り、伊根町の標識が出てくる。浦島神社を横目に、さらに前へ進む。ツーリングも後半に入った。伊根の道の駅「舟屋の里」で休憩。
●この道の駅まであと2kmの標識が出ていた。が、そこから7kmは走ったんじゃないだろうか。。。
ここでの休憩は脚を休ませるために30分は休憩した。
20090613230827.jpg
三人でおそろいのジャージで記念写真。
09061304


>その後、向井酒造の女杜氏、クニコさんに会いに行く。作業着姿の彼女が出てきて、相変わらず元気な顔を見た。岩滝町に向かって平坦な道を突っ走る。左折して車のところへ戻った。総距離143キロだった。
20090613230832.jpg

●その酒造屋でいただいた酒粕まんじゅうのおいしかったこと。
20090613230830.jpg
自転車じゃなかったら・・・。
バイシクルじゃなかったら・・・。
ロードバイクじゃなかったら・・・。
試飲で酔いつぶれて寝てしまっていたことでしょう。。。

アップダウンの連続で手がしびれてとうとう手放し運転。。。
09061305
淡路の海水より丹後半島の海水のほうが透き通っていると感じたのは私だけ・・・。
09061306


>近くの温泉に入りに行ったのだが、どうやら廃業したようでがっかり。換わりに「福知山温泉」まで行った。これが正解で、とても気持ちの良い温泉だった。さらには「ふくちあん」のラーメンを食べに行った。行列ができており、ちょっと待たされたが、出てきたラーメンがすごく美味しくて、もう大満足。その後、Yクチさんは、福知山の駅から輪行で実家に帰られた。
●朝の早くから夜遅くまでおじさん3人で休日を過ごした。最後の締めは、
!!!ラーメン!!!
20090613230834.jpg

>丹後半島一周の旅。大きな風景の中を、バイクで疾走する快感は、なにものにも換えがたい。来週が楽しみである。
●来週はウェイトの近畿大会です(笑)。


~全体を通じて~
●まずは参加された皆さん、お疲れ様でした。
隊長は昨日の丹後半島・今日のエクストラと体の疲れる充実した二日間だったのではないでしょうか。来週は無事故で1周ができますように。
Yグチさんには積極的に前を引っ張ってくださり、とても助かりました。2周連続の海岸線ツアーでしたね。最近、一緒にツーリングが一気に増えた感じがするのは気のせい(笑)。これからもヨロシクです。

さて、ツーリングには日本に住んでいる以上、坂は登らないと次の町には行けません。そうです、新規造山帯で形成された日本列島に100km以上のロングライドにフラットなロードは皆無に等しいでしょう。だから、ライダーは坂がすきにナルしかないのです。

別に、
遅くてもいい。
自分のペースでいい。
途中で立ち止まってもいい。
自分の力で登り切るからそこに見えた景色を自分の心にシャッターを押すことが出来るんです。

丹後半島の魅力はそんなところにあるのかもしれません。
来週、JOYBIKE参加される方はそんな絶景に出会ってください。
必ず、いい思い出になりますよ。

にほんブログ村 自転車ブログ 通勤・通学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツーリング | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<あ~、無情 | メイン | 石山支部朝練45回目“チームタイムトライアル”>>
コメント
- 丹後半島 -
ボクのブログをさらにふくらませていただいた文章で、とても楽しめました。
しかし、「下見」とはいっても、あれはトレーニングでしたね。最後はかなりしんどかったです。
また違う季節に行きましょう!
2009/06/14 23:42  | URL | おざっち #Nd3ET8KY[ 編集] |  ▲ top

- -
お疲れ様でした。
2週連続の海岸トレーニングになりましたね(笑)
昨日も実家の近くの友人に誘われて山岳コース走って3日連続筋肉を酷使して
今日はヘロヘロ、バンバンです(@_@)
やはり、このメンバーでもマッタリは無いですね(笑)
でも、2週連続で美味しい食事にありつけたので大満足です。
また、誘ったください。
2009/06/15 12:09  | URL | Yグチ #-[ 編集] |  ▲ top

- おざっち隊長・Yぐちさんへ -
本当にお疲れ様でした。
このメンバーでマッタリがないなら、もう、マッタリはナイです・・・。
ガハハ、ツーリングと言いながらトレーニング。これもよしですね(笑)。そんな50代になれれば幸せです。
隊長やYグチさんの前で「もう年やし・・・」は言えへんから気張るしかない私でした。
淡路島1周や丹後半島1周も「またいきたくなる」リストにエントリーです。本当に違う季節のツーリングを楽しみたいです。
2009/06/15 22:29  | URL | onono #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ono333.blog40.fc2.com/tb.php/700-6f49671d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。